第64回関東支部研究発表大会の開催について

 第64回関東支部研究発表大会は,平成29年12月9日(土)~10日(日)の2日間,山梨県甲府市ホテル談露館にて開催します.大会のメインテーマは「今を語ろう,熱い思いを持って!」です.今回のテーマは,放射線技術学の飛躍と進歩のために,現在から今後の放射線技術学に関して熱く語り合っていただこうと考え設定しました.
 教育講演,実行委員会企画,また一般演題も多数の登録をいただいています.皆様の日頃からの成果をもとに熱くディスカッションしていただきます.風のようにさっそうと集まり,林のように大勢で,火のように熱いディスカッションをし,山のような成果を持ち帰っていただきたいと思います.
 つどえ風林火山の地へ,皆様のご参加をお待ちしています.(※風林火山は,甲斐(山梨)の戦国大名武田信玄の旗印です.)

会期:平成29年12月9日(土)~10日(日)
会場:山梨県甲府市ホテル談露館 (http://www.danrokan.co.jp/)
   〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1-19-16
参加費:会員 5,000円  非会員 6,000円  学生 1,000円
大会長:坂本 肇  (山梨大学医学部附属病院)
実行委員長:相川 良人 (山梨大学医学部附属病院)
大会ホームページ:http://jsrt-knt.umin.jp/64/

プログラム:
教育講演        12月9日  16:00~17:00
  「腹部MRI―基礎から応用まで―」 山梨大学医学部放射線医学講座 准教授 本杉 宇太郎
特別講演・市民公開講座 12月10日 10:50~11:50
  「今,何故放射線治療が選ばれるのか?―わが山梨県の最先端放射線治療の話―」
  山梨大学医学部放射線医学講座 教授  大西 洋
フレッシャーズセミナー
  「X線CT画像の画質評価手法の意味を考える」
      CTGUM     国立がん研究センター中央病院 石原 敏裕
  「DR画像の基礎~ディジタル化から画像表示まで~」
      関東DR研究会  獨協医科大学埼玉医療センター 諏訪 和明
               北里大学メディカルセンター 今花 仁人
  「臨床研究を始めるにあたって~三次元ゲル線量計の開発~」
      関東RT研究会  自治医科大学附属病院 根本 幹央
  「初めてのパルスシーケンス」
     関東MR研究会   水戸済生会総合病院 宮下 修二
  「頭頚部血管内治療のきほん」
     関東Angio研究会 公益財団法人老年病研究所附属病院 高橋 康之
実行委員会企画 「今を語ろう,熱い思いを持って!」(各研究会のテーマ)
  関東MR研究会
  「ISMRM(国際磁気共鳴医学会)のAnnual MeetingやWorkshopに参加してみよう!」
  関東DR研究会 「一般撮影でのディジタル化による光と影!」
  関東RT研究会 「放射線治療を開進するIGRT技術 現状と問題点」
  CTGUM 「CT検査の最適化を語ろう」
  関東Angio研究会 「Hybrid OR~構築から臨床応用まで~」
ランチョンセミナー
  「超高精細CTの基礎および臨床応用」
          杏林大学医学部放射線医学教室 教授 横山 健一
  「Revolutionシリーズがもたらす造影CT検査の変革」
          岐阜大学医学部附属病院 放射線部 三好 利治
  「SYNAPSE VINCENTの今を語ろう,
      熱い思いを持って!/ 4D-flow MRIの有用性:血流を視る時代へ」
          山梨大学医学部放射線医学講座 市川 新太郎/ 松田 正樹

問い合わせ先:第64回関東支部研究発表大会事務局
       〒409-3898 山梨県中央市下河東1110
       山梨大学医学部附属病院 放射線部内 担当 相川 良人
       TEL 055-273-1111 (内線 3130)  
       FAX 055-273-9781  
       E-mail 64kanto@gmail.com