2017-09-16.17 第19回核医学画像セミナー

19回核医学画像セミナー
-ディジタルファントムを使いこなす-

教育委員会,核医学部会,関東支部,東京支部

 核医学部会では,核医学画像に関する知識と技術の理解・修得を目的に,「演習・実習」を主とした核医学画像セミナーを企画しています.第1回から第7回まではデータ収集とフィルタ処理,第8回から第14回までは画像再構成と減弱補正に関して実施しました.
 第15回からはディジタルファントムを用いた実験方法について学びます.本セミナーはディジタルファントムの作成から,データ収集,画像処理,画像解析と言った一連の流れを全て受講者自らの手で行うハンズオン形式で実施しています.特にファントム作成については,あらかじめ用意されているディジタルファントムを使用するのではなく,ファントム設計そのものから体験いただくことで日常の検査に対する疑問の解決や今後の学術研究に至るまで広く役立つ内容になっています.また,今回のセミナーでは,研究に関する相談コーナー『研究サポートあなたの疑問にお答えします』を新設しましたので,ぜひ,多くの方に受講いただければと思いご案内します.

日時:平成29916日(土)1400 ~ 917日(日)1200
会場:茨城県立医療大学  〒300-0394 茨城県稲敷郡阿見町阿見4669-2
定員:30名(申し込み多数の場合は,地域および施設を考慮し選考させていただきますのでご承知おきください.)
受講費:会員 6,000円 (核医学部会会員 4,000円)  
    非会員 12,000円 (テキスト代含む,当日徴収)

プログラム:
916日(土)
 14001430  受付
 14301450  開講式,オリエンテーション
 14501550  基礎講座『ディジタルファントムの基礎』 
 (10分間休憩)
 16001650  演習1 『ディジタルファントム作成から画像再構成』
 16501750  演習2 『収集カウントとバターワースフィルタの関係』 
 (10分間休憩)
 18001830  核医学研究サポートあなたの疑問にお答えします

917日(日)
   9301000  演習3 『空間分解能と対象物サイズとの関係』
 10001030  データ整理,プレゼンテーション資料作成 
 (10分間休憩)
 10401130  結果報告および総括
 11301200  閉講式

申込方法:会員専用ページ『RacNe(ラクネ)』にログインしてお申し込みください.(http://www.jsrt.or.jp/data/members/
非会員でもご利用いただけます.(「学会に入会せずサイトを利用したい方」を押して進んでください.)
はじめに,申込の手順(http://www.jsrt.or.jp/data/seminarentry/)をご一読ください.
※お申し込み後,登録確認メールを受信できない場合は,お問い合わせください.
申込期間:平成29720日(木)~820日(日)
携帯品:ご自身のノートパソコン(OSWindows XP以上,Excel,画像解像度1024×768以上)をご用意ください.
ノートパソコンの貸し出しは行っておりません.また,マウスを持参していただくことをお勧めします.
なお,セミナーでは下記のソフトウェアを使用します.あらかじめ核医学部会ホームページ(http://nm.jsrt.or.jp/prominence_dl/book.htm)より入手をお願いします.
Prominence Processor Version.3.1
※本ソフトはMacOSには対応していません.また,仮想的に起動したWindows環境における使用は仮想領域の作成方法により異なるため動作[特に保存]については各自でご確認ください.
お問合せ:東北大学病院 小田桐 逸人(おだぎり はやと)  
     E-mail h-odagiri@rad.hosp.tohoku.ac.jp
その他:本セミナー受講により日本核医学専門技師認定機構の単位認定は25ポイントとなります.奮ってご参加ください.
核医学部会に入会されている方は受講費が2,000円割引されます.これを機に核医学部会への入会を併せてよろしくお願い申し上げます.
(入会のご案内ページ http://www.jsrt.or.jp/data/activity/bunka/

  ー 第19回核医学画像セミナー ディジタルファントムを使いこなす ー