2019-11-04 2019年度第2回関東支部学術講演会

 2019年度の第2回関東支部学術講演会は,『Deep learningの基礎と医療へのAI活用』をテーマとして開催します.
第3次人工知能ブームをきっかけに,医療界でも急激にDeep Learningに関する情報が増えています.医療の現場にどのような影響を与え,活用されてゆくのか?興味を持たれる方が増える一方で,Deep Learning(DL)や機械学習(ML),人工知能(AI)との違いなど,“知りたいけれども実際よくわからない…”と感じている方も多く見受けられます.
 今回の学術講演会では,コンピューターが物事を理解して効率的な判断を実現する基本的原理と基礎について,理化学研究所の数理物理学・機械学習研究の専門家である,瀧雅人先生による講演を企画しました.また診断領域・治療領域における具体的な利用や将来どのように活用する研究が進められているか専門研究員の先生方に講演頂きます.
 今後は医療分野でも幅広い領域で,Deep Learningが活用されることが予想されます.Deep Learningの世界・知識の一端に触れていただくことで,知的好奇心が満たされる講演でもあります.是非,皆様多数のご参加をお待ちしています.

日時 :2019年11月4日(月・祝)13:00~17:00
会場 :自治医科大学附属病院 地域医療情報研修センター 中講堂
                      〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
                      https://www.jichi.ac.jp/access/index.html
テーマ :「Deep learningの基礎と医療へのAI活用」
参加費 : 会員 500円  非会員 1000円  学生 無料 (事前申込不要)

プログラム : 
12:30 ~       受付開始
13:00 ~13:10  開会
13:10 ~14:30  Deep learning 原理と基礎 ~GPU計算が実装する知能~
     国立研究開発法人 理化学研究所 数理創造プログラム 上級研究員
                                        瀧 雅人
14:40 ~15:40  画像診断と画像解析におけるAI技術(REiLI) の応用と実用化
     富士フイルム株式会社R&D統括本部メディカルシステム開発センター IT開発グループ
                                       湯澤 拓矢
15:50 ~16:50  Knowledgeを活用する放射線治療システムの現在と未来
     株式会社バリアンメディカルシステムズ マーケティング部
                                        小林 真
          放射線治療における患者プランQAへのAI適応の可能性
     独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター 放射線科
                                       戸森 聖治
16:50 ~17:00  閉会

〜〜〜  チ ラ シ  〜〜〜

問合先 : 自治医科大学附属病院 中央放射線部  根本 幹央
              E-mail nmtmk@jichi.ac.jp   TEL  0285-44-2111(内線2046)